富士山河口湖音楽祭(前編)。

もう1ヶ月前のことになってしまった…。(;^_^A
でも書きます。φ(.. )


8月18日(土)。

前日に腰を痛めてしまい、腰痛帯を巻いて床に転げてそのまま
オチてしまった。果たしてこのカラダでハードな土日を乗り切れ
るのか?

やりかけの準備を何とか済ませ、10時前にレンタカーを借りる
ために亀戸のトヨタレンタカーへ。腰痛帯をしているのでとりあ
えず歩くのに支障がないことを確認。まず第一段階クリア。

途中にあるお肉屋さんのカツサンドを朝食用に買う。実は前か
ら気になっていたのだ。お肉屋さんのだからカツはおいしいに
違いない。手に取ったらまだ少し温かかった。

亀戸駅前の交差点の歩道橋を渡り、下り階段が歩けることを
確認(上りはエレベーター使った(^_^;)。

やってきたトヨタアイシスに乗り込む。乗り込む時ちょっと痛い
がとりあえず運転できることを確認。第二段階もクリア。ここが
一番心配だった。ドライバーとして仲間を乗せることになってい
たから、当日になって「無理です」なんて言えなかった。ふぅ。

一度自宅に戻り荷物を積み込む。そして10時15分に錦糸町
駅前で待ち合わせのふらわぁさん夫妻と合流。と、ここで演奏
会で履く靴を忘れたことに気付き自宅へ逆戻り。

クルマに乗る動作がぎこちないこと甚だしく、「大丈夫?」と心
配して頂くが、「クルマに苦労して乗るこたつ」はこの日のネタ
ということになった。f(^_^;

さて、靴を取りに戻った後は首都高で次の待ち合わせ場所の
新宿へ。幸い渋滞もなく予定時刻の11時前に到着。仲間が
西口地下交番前に続々と集まってくる。

ワタクシはここで先程購入したカツサンドで朝食。「スゲエもん
食ってるなぁ」と言われながら(結構ボリュームあった)。

同乗するなおんちゃんがゴディバのショコリキサー(ダーク・チョ
コレート・デカダンス?)を飲んでいて、非常に気になる。

同じく同乗するさやきぃが飲み物を買いに行く、と言うので、
「ゴディバがそこにあるよ」と教えて自分も興味アリアリでつい
て行った。

そしたら…ワタクシもショコリキサー買ってしまいました…。
ホワイト・チョコレート・ラズベリー。思わずホワイトチョコレート
に反応してしまいました…。

待ち合わせの輪に戻ったら案の定ツッコミまくられる。

「どんだけ食べんねん!」

確かにさっきのカツサンドとこれで既に1日分のカロリー摂取
量に近いかも…。( ̄▽ ̄;

クルマ3台&バイク1台の一行は11時半過ぎ出発。こたつ
カーは総勢6名(と1羽w)。中央道はやはり混んでいたが、
オーボエ合宿の教訓もあり中央道を選択するのが無難と
思われた。

渋滞嫌いのワタクシは高井戸付近先頭の事故渋滞も甲州
街道で回避したかったが、おとなしく初台から乗ることに。
#後から聞いたが甲州街道もかなり渋滞していたらしい。

八王子付近の渋滞も何とか通過して、談合坂SAで休憩。
多摩地区から出発した先発隊は既に富士吉田でうどんを
食べたらしい。こちらの一行も昼食はそのお店に行こう、と
いうことで情報を先発隊から仕入れて向かう。

こたつカーでは談合坂SAで仕入れたというカレーパンが
登場。どんだけ食べんねん!も~分かった。今日は食べ
る日!出来立てのカレーパン美味い。

富士吉田に到着したものの、うどんのそのお店は人気店
らしく、物凄い待ち行列が。一行の人数も多かったので、
そのお店はあきらめて違うお店で昼食を取る(それでもや
はり吉田のうどん)。

渋滞と昼食場所探しで程良く時間もなくなり、宿のチェック
イン前に第九参加者の受付を済ませることにした。場所は
本番があるステラシアターの脇にある町の体育館。しかし、
ボランティア主体の河口湖音楽祭、第九は初めてというこ
ともあり、受付に結構時間がかかってしまった。

宿にチェックインし、再びステラシアターにシエナ・ウインド・
オーケストラのコンサートに戻ってきたが、15分程遅れて
到着。

預けておいて貰ったチケットを受け取り、客席へ。曲間に
席に行こうと思ったら…。途中に鉄柵があって「通せんぼ」
される。あと1列下なのに!

ステラシアターの客席の構造上、そして慣れない初めての
会場なので、席までたどり着くのに時間が掛かって演奏の
邪魔になるといけないので前半は立ち見で見てました。
#ピアノの鍵盤が見える右側の真横。

休憩でようやく席について一息。後半の『マンボ』で佐渡さ
ん率いるマンボ隊も舞台に引き揚げる時に鉄柵トラップに
引っ掛かってました(笑)。佐渡さん「降りられないやん!」

アンコールは「星条旗よ永遠なれ」。ワタクシ、腰を痛めた
ので今回は最初から参加は見合わせました。でも、よくよ
く考えたら舞台まで行かなくても客席でも良いのだった。
#舞台に上がることが既にデフォルトとなっている。(^_^;

地元の学生さんから第九に参加する人まで、モノ凄い数
の星条旗。客観的に見る&聴くのもいいけど、やっぱり参
加した方が面白いかなぁ…。

さて。

シエナのコンサート後、舞台は明日の第九用にフォーメー
ションチェンジされ、オケ合わせ。

合唱団は地元山梨でレッスンを積んでこられた皆さんと、
全国から集まった経験者、そして晋友会。オケは地元山
梨県のアマオケ、山梨交響楽団。ヴァイオリンに中学生?
高校生くらいの女の子がいたり、同じプルトにそのお父さ
んらしき人がいたりして、興味深い。

第4楽章がスタート。やはりアマオケなので、聴いていて
ちょっと心配な感じがあった。合唱が入るまでの間にも、
何度も止めては佐渡さんの指導が入る。当たり前のこと
なのかもしれないが、佐渡さんはアマオケだろうが容赦
ない。本番でいいものを作り上げよう、という思いが溢れ
ていた。

それに応えるように、山梨交響楽団の音は進化し続ける。
オケのメンバーも佐渡さんの思いに触れ必死なのだろう。

そして、キュウ様(笑)のバリトンソロに続いて合唱入り。
最初のアツい「Freude!」で佐渡さんの嬉しそうな表情。

佐渡さんの思いは確実に合唱団にも伝わっていて、感じ
られるパワーが今まで参加した第九の比でない。凄い。
この時点で明日の本番が『爆演』になるであろうことは
容易に想像できた。

オケ合わせ終了後、仲間と口々に「凄いな」とか「明日
は大変なことになるかも」などと興奮気味に話しながら
会場をあとにする。

クルマで国道沿いのサイゼリヤでゴハンを食べに行き、
宿へ戻る。第九の衝撃のせいか、腰は気にならないくら
いまで復調。温泉に浸かり、明日の本番に備える。

後半に続く…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック